三字熟語

中尊寺 (ちゅうそんじ)

Chuson-ji

   
       



楷書[The block style]
t20491中尊寺ちゅうそんじ
行書[The semi-cursive style]
t20491中尊寺ちゅうそんじ
QRコード
[日本語漢字]

中尊寺

[日本語ひらがな]

ちゅうそんじ

[英語]

Chuson-ji

[意味]

岩手県西磐井(にしいわい)郡平泉町にある天台宗の東北大本山。山号は関山。嘉祥3年(850)円仁の開創、貞観元年(859)清和天皇から中尊寺の号を得た。長治2年(1105)藤原清衡が堀河天皇の勅により再興。火災により金色堂と経蔵を除いて焼失。金色堂は国宝。平成23年(2011)「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺産群-」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。